ダイエット 朝ごはん

痩せるために食べる朝ごはんのおすすめレシピ

痩せるために食べる朝ごはん

 

ダイエットをするうえで知っておきたいのが、朝ごはんの重要性についてです。今ダイエットをしている女性の方は、食事管理に気を付けている方が多いと思います。

 

夕食であれば、食べ過ぎないのがいい、というのが一般的なことですが、朝食についてはあまりよくわからない、と言う方も多いのではないでしょうか。

 

痩せるためにはもちろん食事を減らす、というのは大事ですが、ただ食事を減らすだけではダイエットに効果的とは言えません。

 

朝ごはんの重要性

 

まず、朝ごはんの役割についてお話します。一日のはじまりに食べる朝ごはんは、その日の仕事のパフォーマンスを上げるためにももっとも重要なものと言われています。朝ごはんを食べるのと食べないのとでは、まったく体の調子が変わってきます。

 

具体的な朝ごはんの役割は、寝起きでボーっとした体を目覚めさせること、体温を上げて代謝をあげること、集中力や記憶力を高めることなどです。朝ごはんはこのように一日のはじまりに重要な役目を果たしています。

 

ダイエットにおける朝ごはん

 

 

では、朝ごはんを食べることはダイエットにおいてどのように効果的なのでしょうか。まず、前述したように、朝ごはんを食べると体温が高まり代謝がアップします。

 

代謝がアップすれば脂肪が燃焼されますので、痩せやすい体になるというわけです。また朝ごはんを食べることで、寝ている時に休んでいた腸を刺激することによりお通じを促します。

 

朝ごはんを食べることは太りやすい体質になりやすい便秘にも効果があるんですね。便秘解消には納豆やヨーグルトなどを朝食にとるといいのですが、なんでも「食べる」という行動だけでも腸の蠕動運動が活発になるので便秘にはいいですよ。

 

また、朝ごはんを抜いてしまうと、そのぶんお腹が減ってしまいます。その状態でお昼に食事を摂ると栄養を吸収しやすくなり、朝ごはんを食べた場合と比べて、同じ量食べても太ります。

 

人間の体はあまりにもお腹が減っていると反動で栄養を吸収しやすくなり、脂肪を溜めこみやすく太りやすい体になってしまうというシステムですが、空腹の時間が長いとストレスが溜まってしまい食べる量も増えます。

 

朝食を抜くと、次に食べる食事の吸収もよくなり、食べる量も自然と増えてしまうのでダイエットにはあまりつながりません。

 

ダイエットに効果的な朝ごはんは?

 

 

では、どのような朝ごはんを食べることがダイエットに効果的なのでしょうか。ダイエット中におすすめの食べ物は、ずばり果物と、ヨーグルトです。

 

1日を健康的に過ごすために必要なのは脳をちゃんと動かしてくれるパワーです。脳のエネルギー源は、ブドウ糖です。ブドウ糖はご飯やパンからも摂取できますが、果物に含まれる果糖も同じ役目を果たします。

 

果物に含まれる果糖は分解が早いので、食べた後に早くエネルギーに変わります。ですから朝に果物を食べることは、すっきり目覚めるために効果的なのです。

 

砂糖は脂肪として体につきやすい「甘いもの」なのですが、果物は同じように甘くても、エネルギー変換が早いので贅肉になりにくいので安心して食べてください。

 

また、果物には食物繊維やビタミンがたくさん含まれていますので美容にも効果的です。また、一緒にヨーグルトを食べることで腸内のビフィズス菌を増やし、便通を促すこともできます。

 

これらのことから、ダイエット中以外でも朝ごはんに果物とヨーグルトを食べることはおすすめです。今はフルーツ入りのヨーグルトがスーパーやコンビニにたくさん売られています。

 

時間が無くて朝ごはんを食べることが難しい、と言う方でも手軽に準備して食べることが出来ますね。和食の時にはぜひ納豆を取り入れてください。

 

味やにおいが苦手ということもあると思いますが、納豆はダイエットにとても有効で女性の場合はホルモンバランスを整えてくれ、女性特有のPMSや、頭痛、体調が悪くなるということも防ぐことも期待されます。

 

健康のためにも朝ごはんを食べることは良いことです。今まで朝食を抜いていた方も、なるべく朝ごはんを食べるようにしましょう。

page top