ダイエット 下剤

やっちゃダメ!下剤ダイエットは危険です

やっちゃダメ!下剤ダイエットは危険です

 

確実に痩せられるというイメージの下剤を使用したダイエット。便秘の人なら特にお腹にたまっているモノが出ていくのですから当然体重は減りますよね。

 

ダイエットの中では手軽な方法として実践している人も多いようですが、それ以上にデメリットが多いというのはご存知でしょうか。いま下剤ダイエットをしている方、排便するのに下剤に依存してしまっていませんか?

 

楽に痩せることができるからと下剤を使用し続けていると、体に不調をきたし、大変なことになるかもしれません。ダイエットで下剤を使用する危険性をお話したいと思います。

⇒安全に痩せる30代向けダイエット

 

楽に痩せることが出来る気がする

 

まず、下剤を使うと痩せられる仕組みについてお話します。下剤とは、強制的に排便させる薬のことです。下剤を飲むと、食べたものが体に吸収される前に強制的に体の外へ排出されます。

 

脂肪などの栄養が体に吸収されないまま体の外へ出されるわけですから、当然、体に脂肪が付きません。このため、たくさん食べてもあまり太りません。

 

そして、栄養が吸収されない分、エネルギー消費の方が上回りますから、脂肪は体につきにくくなり痩せていきます。便秘の方にとっては、腸の中に溜まっている便が排出されますから、そのぶん体重が減り、お腹もへこみます。

 

食事制限も運動もしなくて良いのに楽に痩せることができる下剤の仕組みはこのようになっています。

 

下剤ダイエットのデメリット

 

 

便秘に悩み様々な方法を試してもどうしてもお通じがなくて困っているという場合、下剤を使用することで得られる恩恵は大きいです。

 

ですがそれ以外の場合で下剤を慢性的に使用してしまうと、体にさまざまな障害が生まれます。まず、下剤は強制的に腸を動かし排便を促しますから、長く使用し続けていると、腸の機能が衰えます。

 

腸の機能が衰えると便が排出されにくくなり、便秘がちになりまた下剤を使用してしまうという、悪循環に陥ります。腸の病気にかかるリスクも増えます。

 

また、下剤を使用すると食べた物の栄養が吸収されませんから、食事から体に必要なビタミンなどの栄養素を摂取することができません。このためどんどん老けていき、やつれていきます。栄養不足状態になるので体型も悪くなっていきます。

 

それから便秘でもないのに下剤を使用することで、ひどい下痢を引き起こします。そのため脱水症状になったり、ナトリウムやカリウムが流れ出ることにより体調が悪くなったり、最悪意識を失うなどが起こることもあります。

 

大腸は人間の体の中で一番、神経敏感な部分です。ここが下剤で荒れてしまった場合、予想以上に激痛を伴いますし自主排便が困難になることもあるんです。

 

下剤ダイエットには怖いデメリットのほうが多い

 

ここまで読んでみると、下剤ダイエットにはデメリットの方が多いと思いませんか?特に、痩せてキレイになるためにダイエットをしている方にとっては、体型が悪くなり老けてしまうというのは本末転倒だと思います。

 

ただ痩せたいだけだったら、下剤を使用することは大きな効果があります。ですがここまで書いてきたように、それは決して健康的なことではありません。

 

いま下剤ダイエットをしている方は、自分の目的と、下剤を使用することで発生するリスクを天秤にかけて、今一度よく考えてみることをおすすめします。

page top