ダイエット ウーロン茶

脂肪を減らす?ダイエットにはウーロン茶がおすすめ

脂肪を減らす?ダイエットにはウーロン茶がおすすめ

 

テレビCMなどで、ウーロン茶は脂肪の吸収を抑える、と宣伝されているのを見たことがある方は多いと思います。ダイエットにも効果があるとされていますが、実践された方で全然効果がなかった、という意見も多くみられます。

 

実際、ウーロン茶には脂肪の吸収を抑える働きがあります。それにも関わらずダイエットの効果が出ないという方は、飲み方が間違っているのかもしれません。

 

ウーロン茶のダイエット効果、効能

 

 

ウーロン茶とは、緑茶と紅茶の中間的な飲み物です。ウーロン茶の茶葉は緑茶と同じ種類の木から摘み取られますが、緑茶と紅茶、それぞれの違いは製造過程にあります。

 

茶葉の製造において、緑茶の製造方法と、紅茶の製造方法の両方を取り入れることで、どちらの効能も併せ持つという、良いとこ取りの理想的なお茶です。

 

具体的な効能は、体脂肪の蓄積を抑える、血圧の上昇を抑える、血中のコレステロールを調節する、血糖値の上昇を抑えるなどダイエットに効果的なことから、老化を抑制、抗ガン作用、抗アレルギー作用、虫歯の予防、消臭効果など健康によい効能が本当にたくさんあります。

 

中国ではお茶を水筒に入れて毎日持ち歩く習慣があるそうです。それだけ体に良いお茶ということで古くから親しまれてきたということですね。

 

ウーロン茶が脂肪の吸収を抑える仕組み

 

多くの効能があるウーロン茶ですが、実際に脂肪の吸収を抑える仕組みをご説明します。食品から摂取した脂肪は、体内に入り胃を通ったあと十二指腸で乳化されます。

 

その後すい臓から分泌される、リパーゼという脂肪分解酵素の働きによって、乳化された脂肪が細かく分解され、小腸から吸収されていきます。

 

ウーロン茶は、ウーロン茶の色の元である「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分が多く含まれているのが特徴です。このポリフェノールが、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑え、体に脂肪が吸収されるのを抑制します。

 

ウーロン茶が脂肪の吸収を抑えるというのは、このような仕組みによるものです。

 

効果的なウーロン茶の飲み方

 

実際にウーロン茶には脂肪の吸収抑制作用がある、とわかったところで、ただウーロン茶をがぶ飲みするだけではダイエット効果はありません。ポイントは、普段からこまめに飲むということです。

 

特に食事時や、食後に飲むことで、食事により体内に入った脂肪の吸収を抑えますので効果的です。ウーロン茶のポリフェノールにはすでに体に吸収された脂肪を減らす効果はありませんが、代謝がアップすることで脂肪が燃焼されるという効果はあります。

 

また、運動を行う場合は、運動前にウーロン茶を飲むことで脂肪燃焼効果がアップするので効果的です。注意したいのが、空腹時にはたくさん飲まないということです。

 

ウーロン茶にはカフェインが含まれていますので、もし胃の中がからっぽの状態でウーロン茶をたくさん飲んでしまうと、胃が荒れてしまいます。ウーロン茶の飲み方に気を付けて、効果的にダイエットに活用しましょう。

page top