プロテイン ダイエット

プロテインのダイエット効果を高める飲み方

プロテインのダイエット効果を高める飲み方

 

キレイになりたくて始めたダイエットなのに、気が付けば肌荒れに抜け毛、冷え性で顔色が悪く、頑張ったのにキレイとは程遠い結果になってしまったなんて経験はありませんか?

 

努力をしても、その努力の方向性が間違えていたのでは、望むような結果は得られません。ダイエットの主な目的は体重を減らしたいというものと、引き締まった見た目を手に入れたいというものですよね。

 

プロテインダイエットなら、そのどちらの目的にも対応できるんですよ。

 

プロテインダイエットってどんなもの?

 

 

アスリートやボティビルダーが愛用していて、筋肉隆々としてしまいそうなイメージのあるプロテインですが、プロテインを摂ったからといって、いきなり筋肉ムキムキになってしまうものではありません。

 

そもそもプロテインとはタンパク質の事なので、いくらプロテインを摂ったとしても、運動をしなければ筋肉を増やせません。タンパク質が不足していると、代謝の低下から消費カロリーが落ちてしまいますし、肌荒れや薄毛や二枚爪の原因にもなってしまいます。

 

食品から必要量のタンパク質を摂取しようとすると、脂質や調味料でカロリー過多になりやすいため、食事の量を減らしてプロテインを飲んだり、食事の代わりに置き換えることで摂取カロリーを抑えることができますし、代謝が高まるので消費カロリーを増やす事ができるんです。

 

プロテインは筋肉の元となる栄養素なので、軽い運動を行えば引き締まったボディを手に入れることも出来るんですよ。

 

とにかく体重を減らしたいなら植物性プロテイン

 

 

食品としてのタンパク質に動物性と植物性があるように、プロテインにも動物性と植物性があります。動物性は吸収が早く、筋肉になりやすく、作られた筋肉が落ちるのも早いという性質があります。

 

植物性は吸収が遅く、筋肉になりにくい代わりに、筋肉が落ちるのも遅いという性質があります。運動はほとんどしない、したくてもする暇がない、そんな時には大豆から作られたソイプロテインを選びましょう。

 

補助食品なので飲むタイミングの決まりはありませんが、体重減少目的の場合は、昼食前に飲んで食事の量を半分に減らし、カロリー消費が少ない夕食をプロテインに置き換えるのが効果的です。

 

牛乳で溶かすと腹持ちが良くなるので、カロリーの低い低脂肪や無脂肪乳で溶かして飲むと良いですね。

 

体重よりも見た目重視なら動物性プロテイン

 

引き締まった体作りに有効なのは、効果が出るのが早い動物性のプロテインです。ホエイプロテインやガゼインプロテインと表記されているものが動物性となります。

 

運動前にプロテインを摂取すれば、エネルギーを消費しやすくなりますし、筋肉を作りやすくもなります。運動後に摂取すると筋肉痛になりにくく、疲労回復にも役立ちますよ。

 

筋肉を修復する為のホルモンは、運動の約1時間後に分泌量が増えるため、短時間の運動なら運動前に、ウォーキングなど有酸素運動をゆっくりと行う場合は運動後に摂取すると効果的です。

 

ちなみに吸収速度は何に溶かすかによっても変わり、吸収の早い順はスポーツドリンク>水>牛乳となりますので、運動内容と飲むタイミングを考え、溶かす物を選びましょう。

 

プロテインはどれくらい摂取するのが理想的?

 

急いでダイエットしたいからといって、3食共にプロテインに置き換えてしまったのではキレイにはなれません。人はタンパク質だけでは生きてはいけませんし、プロテインも過剰に摂り過ぎれば脂肪の原因となります。

 

タンパク質の必要量は運動量によって変わってきますが、ごく一般的な成人の場合は体重1kgに対して1g、激しい運動を行う時や、筋肉をたっぷりと付けたい場合は体重1kgに対して2g目安となります。

 

体重が60kgの方なら6g、筋肉を付ける目的なら12gと言うことになりますね。とにかく急いで体重を落としたい時には植物性プロテインで置き換えを、引き締まった体作りをしたい場合は動物性プロテインと運動で、肌荒れや抜け毛の無い、内外共にキレイな体を目指す、プロテインダイエットはいかがでしょうか。

page top